ボジョレー・ヌーボーとは?解禁日が決められている理由は?

e3839ce382b8e383a7e383ace383bce3838ce383bce3839ce383bce380802013e38080e794bbe5838f

毎年11月の第3木曜日に解禁となるボジョレー・ヌーヴォー。テレビでも毎年ニュースになりますが、そもそもなぜ解禁日が決められているのでしょうか。

そんな疑問に「さまぁ~ずの神疑問」が答えてくれていたので、まとめてみました!

スポンサーリンク

ボジョレー・ヌーヴォーはなぜ解禁日が決められているのか?

View of Fleurie village and vineyards, Beaujolais, France

もともとボジョレー地方で作られるワインは地元の人が飲む用のもので、毎年11月に収穫祭を開き、その年にできたフレッシュなワインを地元だけで楽しむ習慣があったそうです。

しかし、第2次世界大戦後、地元だけで楽しまれていたボジョレーのワインが次第にパリのカフェなどでも知られるようになり、マーケットが拡大。

map09

金儲けがしたい販売業者たちはいかに早く出荷できるかを競い合うようになったそうです。

すると段々品質の悪いものが出回るようになり、1951年フランス政府はその年にできたすべてのワインの出荷日を毎年12月15日以降にすると定めたそうです。

スポンサーリンク

現在の11月の第3木曜日になったのはなぜ?

ところが12月15日以降に解禁日となると、毎年11月ぐらいにはワインが出来上がっていたボジョレーの人達は、毎年収穫祭や出荷を楽しんでいたのに何もできないじゃないか、それはないでしょうと政府に問い続けていたそうです。

800px-hemicycle_assemblee_nationale

すると、割と若くてフレッシュで飲めるワインの生産地域では12月15日から1ヶ月早い出荷に、1967年政府が新たに定めた法律「プリムール(新酒法)」という法律の下で、ボジョレー地方のワインの解禁日は1ヶ月前の11月15日に定められたそうです。

さらに、もし解禁日が土日にあたったらどうするのかという声が上がり、物流する運送業者も休んでしまう、スーパーや大口のワインショップも休みになってしまうという、日曜日は働かないというフランスの国柄、それでは困るという事で、1985年に解禁日は11月の第3木曜日に変更され現在に至るそうです。

6363

飲む期限はあるの?

一般的なワインと同じように特に賞味期限はないそうですが、翌年の春前~夏を超えない手前で飲んだ方がいいそうです。フレッシュ感は解禁日から半年たっても充分残っているそうです。

味の滑らかさや、まろやかさは半年後の方がまとまりが良くなっているそうです。

ただお店で年を越してボジョレー・ヌーボーをサービスするというのはダサいそうです。

10年経ったボジョレー・ヌーボーを飲んでみてくださいというのはお洒落なんだとか。

実際に日本ソムリエ協会会長の田崎真也さんは10年経ったボジョレー・ヌーボーを持っているそうです。

まとめ

なぜ飲む時期が決められているのかは、

『販売業者がどこよりも早く売り出そうと競い合った結果、質の悪いヌーボーまで出回るようになったため法律によって規制した』ということのようです。

解禁日はありますが、期限は関係なくいつでも飲んでいいようです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする