もう美容院で失敗しない!オーダーの伝え方&自分に似合う髪型とは?

cached

美容室に行ったものの、思っていたような髪型にならなくて鏡を見て後悔…こんな経験ありませんか?

今回は、失敗しないオーダーの伝え方と自分に似合う髪型を見つける方法をご紹介します。

スポンサーリンク

失敗しないオーダーの伝え方

なりたいイメージを伝える

可愛い感じになりたい、かっこいい感じになりたいなど、なりたいイメージを伝えるだけで美容師さんにどんな雰囲気の髪型にしたいのか伝わりやすくなるようです。

なりたいイメージの写真があれば持っていくとより伝わりやすくなりますが、ちょっと恥ずかしいという場合は美容師さんと雑誌を見ながらこんな感じになりたいと明確に伝えると良いようです。

Female customer showing which hairstyle she wants on mobile phone

ヘアスタイルで気になるところを伝える

髪が広がりやすい、クセではねてしまうなど普段気になっているところを伝えると、それを踏まえて髪型を考えてくれます。美容室でスタイリングしてもらうと上手くいくけど自分だと上手くいかないという人も多いはず。時間のない朝でもスタイリングしやすい髪型にしてもらうのも1つの手かもしれません。

160609_survive-hairdresser-weak-min

悩みを伝える

小顔に見せたいなど悩みやコンプレックスを伝えると、気になる部分をカバーする髪型を提案してくれるので、より理想のヘアスタイルに近づけます。

img_main

どんなヘアスタイルにしたいのかイメージをより具体的に伝えることが理想のヘアスタイルに近づくコツのようです。なりたくないヘアスタイルを言う事も、失敗しないためにはとても重要なことのようです。

スポンサーリンク

自分に似合う髪型を見つけるには

自分に合う髪型がわからないという場合は、顔の形によって選ぶと良いようです。

基本的に髪と顔を組み合わせたとき、ひし形になるのが理想のバランスとされています。例えば、縦長の顔の人はサイドにボリュームをもたせるとシルエットがひし形になり、全体のバランスがよく見えるようになります。顔のタイプ別にコンプレックスをカバーしながら似合うものを見つけていきましょう。

引用:美容師に聞く、「自分にぴったりな髪型を見つける方法」

【丸顔】幼い印象になりがちな丸顔は、サイドにボリュームを出すと余計に丸く見えてしまうので、トップにボリュームを出しましょう。また、前髪を作る際には横幅を小さめにすると良いです。男性の場合は、おでこを出したり、モミアゲを長めに残したりすると大人っぽく見えるようになります。

【面長顔】トップにボリュームを出すと顔が細長く見えてしまいます。また、前髪のセンター分けは顔を狭く見せてしまうので、サイドにボリュームが出るような髪型をおすすめします。

【卵顔】どんなヘアスタイルでも比較的似合うのが卵顔。無難なスタイルだと大人しく見えがちなので、大胆な髪型にも積極的に挑戦してみてほしいですね。

【四角顔】えらの張りが気になる場合は、ウェーブなどでふんわりさせ、フェイスラインをぼかすと効果的。前髪は部分的に下ろすか、全体を散らすと柔らかいイメージに。

【逆三角顔】顎まわりはなるべく前髪を厚めにするなど、ボリュームを持たせて。こめかみは隠して、前髪は広めにしましょう。男性の場合も、襟足は残しておくのがベター。

【ホームベース顔】重心が顔の中心より低いので、トップに高さを出しましょう。前髪は横幅を瞳の端と端くらいにするか、斜めに流すのがベスト。

引用:美容師に聞く、「自分にぴったりな髪型を見つける方法」

自分に似合う髪型を見つけて、より理想の自分に近づきたいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする