ドラマCRISIS(クライシス)ネタバレ・あらすじ最終回まで全話まとめ!

小栗旬さん主演のドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」の第一話から最終回までのネタバレ・あらすじをまとめました。

小栗旬さんをはじめとする特捜班に所属するメンバーがテロリスト・新興宗教・軍事スパイなど想像を超える難事件に挑んでいくこのドラマ。

撮影が始まる1年前から特訓してきたという激しいアクションシーンは必見ですね!

スポンサーリンク

キャスト一覧はこちらです!

ドラマCRISIS(クライシス)小栗旬×西島秀俊!キャスト・あらすじ・主題歌は?

ネタバレ・あらすじ

第1話

宗教法人「神の光教」に出家信者として潜入している林智史(眞島秀和)からの情報により、テロが実行されようとしていることが判明します。

テロを阻止するため、鍛治大輝(長塚京三)が公安機動捜査隊特捜班を始動させることを青沼祐光(飯田基祐)に命じます。ターゲットとされている文部科学大臣を救うため、大臣の乗っている新幹線に特捜班も乗り込みます。

車内に潜んでいる犯人を捜し出し、田丸三郎(西島秀俊)が拘束しますが、共犯者がもう1人いることが判明します。稲見朗(小栗旬)が見つけ激しい格闘の末、犯人を制圧したと思いきや犯人のバッグの中に入っていた爆弾はすでに作動していました。稲見は車内の非常ベルを鳴らし、新幹線を緊急停車させます。

停車した新幹線の扉を開け、稲見は犯人と爆弾の入ったバッグと共に川に飛び込みます。爆弾は川の中で爆発し、テロは無事に阻止されたのでした。

さらに別の事件が発生します。首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白州迅)が高層ビルに囲まれた広場に現れます。外務大臣の息子である圭介はこれまで数々の犯罪を犯してきたのですが、親の権力によってもみ消されてきたのでした。犯人は息子が処刑されたくなければ、大臣がこれまでもみ消してきた罪を夜のニュース番組で公開謝罪することを要求してきます。

全ての様子をどこかで見ていると思われる犯人。怪しい動きができないため、圭介に田丸が水を持っていった時に、どこで拉致されたのかを聞き出します。心当たりのある犯人を教えてくれと問いただすと、友達から話を聞いてくれと言われます。

拉致された時間の防犯カメラを確認する特捜班。そこには白い仮面をつけカメラに向かって手を振る犯人の姿が映っていました。

圭介から聞いた友達の家に稲見と田丸が行くと、逃げ出そうとしている姿を発見します。稲見と田丸が強靭な体力とパワフルなジャンプで捕まえ、特捜班のメンバーが待つ現場へ連れて行きます。吉永三成(田中哲司)がこれまで圭介たちが犯してきた罪を聞き出し、数えきれないほどの被害者がいることが判明します。

そして犯人がなぜ広場を選んだのか疑問に思った稲見は、警察官の中に犯人がいることを突き止めます。犯人は圭介たちに暴行されて自殺した娘の父親でした。

稲見が犯人に「俺ならもうとっくに起爆ボタンを押している」と語りかけます。犯人の目が稲見に向いている後ろで、特捜班のメンバーが圭介に近づき、樫井勇輔(野間口徹)が爆弾を急いで処理していきます。間一髪のところで爆弾を解除し無事に事件は解決…と思いきや「私の立てた計画じゃない、奴らの指示で動いていただけ」という犯人の警察官。娘を失った父親の気持ちを利用し真犯人が指示していたのでした。

そして警視庁のホームページがハッキングされ、平成維新軍と名乗る者からニーチェの一節を引用した挑戦状が送りつけられてきます。

果たしてこれからどんな展開が待ち受けているのでしょうか。

稲見の2年前に起きた出来事にも何かあるようです…。

第2話

田丸のもとにフリージャーナリストの古垣伸一郎(大西武志)から「国家の危機に関することでどうしても今夜会ってほしい」と電話がかかってきます。電話を切り終わると田丸の携帯に古垣から「念のための保険」と一軒家が写った1枚の写真を添付したメールが送られてきます。

そして夜、待ち合わせの場所で合流する直前に誰かとぶつかった古垣。その直後に田丸の目の前で崩れ落ちるように倒れ、最後に「アリス」という言葉を残し死んでしまいます。

警察は急性心筋梗塞と処理しますが、シアン化合物による中毒死だと田丸は断言します。

合流する直前に古垣にぶつかってきた男が毒を注入し殺害した犯人だとみて特捜班は捜査を開始します。手掛かりは、田丸の携帯に送られてきた写真とアリスという言葉だけ。

稲見と田丸は古垣の自宅を調べに向かいます。正式な捜査ではないため「悪さをするのは俺一人でいい」と田丸が一人で自宅に侵入することに。ところが田丸が部屋に入ると、先に自宅に侵入していた何者かに襲われ、その場で気を失ってしまいます。

通信が途絶え異変に気付いた稲見は、部屋に向かうためエレベーターに乗ろうとしますが、一階に降りてくるエレベーターの表示を見て犯人が乗っているとにらみます。

そしてエレベーターのドアが開き、激しい攻防戦が始まります。あと一歩というところで、犯人がエレベーターから降りてきた住人を人質に取り、古垣の自宅から盗んだPCと共にその場から逃げられてしまいます。

情報を何も得ることができず捜査の方向性を決めかねていた特捜班でしたが、大山玲(新木優子)が古垣が送ってきた写真から、撮影した位置情報を割り出し、写真に写っていた一軒家の場所を突き止めることに成功します。

そして写真が撮影された場所に、犯人が狙っていたであろう古垣が隠していたUSBを田丸が見つけます。

特捜班は一軒家に向かいますが、人の気配はなく部屋の中はもぬけの殻。隣の住人に話を聞くと、2年前から母親と高校生くらいの娘が2人住んでおり、おととい引っ越したとの事。2週間前に娘の1人が夜中に救急車で運ばれたという情報を聞き、運ばれた病院から居場所を突き止めます。

病院に行くと呼吸器に繋がれている女性の姿が。そこへ、1人の女性が病室に入ってきますが稲見たちを見た瞬間、走って逃げ出そうとします。

稲見たちが追いかけ話を聞くと、自分の名はトロレスでジャーナリストの古垣に誰にも言ってはいけない秘密を話したため、稲見たちの事を殺しに来た人だと思ったとの事。そして病院に運ばれ呼吸器に繋がれている女性がアリスだったのです。

2人は2年前に知り合い、お互い本当の名前も知らず、お店では姉妹のように接していたとの事。一軒家では売春が行なわれていたのでした。そこには多くの政治家が出入りしており、それを隠ぺいするために政治家の部下が証拠をつかんだジャーナリストを殺害したのでした。

鍛治(長塚京三)に呼び出された田丸。田丸は犯人を捕まえたいと思っていますが、鍛治は摘発してもまた新たに作られるだけだ、それならば今のまま監視を続けた方がいいと話します。アリスに暴力を振るった男に会い、売春を見逃す代わりに治療費を一生払い続けることを約束させたという鍛治。

正義を貫きたい田丸ですが、治療費を払い続ける人がいなくなればアリスは見捨てられてしまう…。どちらを取るか選択を迫られます。

田丸は葛藤の末、証拠となるUSBを鍛治に渡します。

そして病院では、古垣を殺した犯人がアリスを殺すため病室に入ってきます。病室に来ると予測していた稲見は犯人が持ってきた注射器を奪い首元に突き付けます。「2度とこっち側に姿を見せるな」と忠告し、犯人は立ち去ります。

一方、田丸は教会で林千種(石田ゆり子)と会い、「今月分です」と封筒を渡します。「夫はいつ戻ってくるのでしょうか」と尋ねる千種に「あの頃とは部署が変わってしまったので、正確なことは言えません。ただそんなに長く待たせる事はないと思います」と答えます。

「もう行きますね、また来月」と千種がその場を立ち去ろうとすると、「まだ行かないでください、もう少しそばにいてください」と言う田丸。そして「はい」と千種が答えます。

翌朝、テレビでは内閣改造後初の閣議がはじまるというニュースが流れ、戦後2番目の若さで官房長官に就任するという政治家・神谷透(石黒賢)が注目を集めていました。神谷が乗った車が国会に到着しマスコミから取材を受ける中、同じ車から降りてきたのは古垣を殺した犯人でした。神谷もあの一軒家で売春をしており、その事実を隠ぺいするため証拠をつかんだジャーナリストを神谷の部下が殺害したのでした。

すべては政治のため。売春を行い、その証拠をつかんだジャーナリストを殺害したにも関わらず、何食わぬ顔で取材を受けるのでした。

第3話は…

随時、更新していきます。

〈この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます〉

リバース(ドラマ)キャスト・主題歌・あらすじ!藤原竜也&戸田恵梨香が共演!

ボク、運命の人です(ドラマ)亀梨&山Pコンビが復活!キャストやあらすじ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする