ドラマCRISIS(クライシス)ネタバレ・あらすじ最終回まで全話まとめ!

小栗旬さん主演のドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」の第一話から最終回までのネタバレ・あらすじをまとめました。

小栗旬さんをはじめとする特捜班に所属するメンバーがテロリスト・新興宗教・軍事スパイなど想像を超える難事件に挑んでいくこのドラマ。

撮影が始まる1年前から特訓してきたという激しいアクションシーンは必見ですね!

スポンサーリンク

キャスト一覧はこちらです!

ドラマCRISIS(クライシス)小栗旬×西島秀俊!キャスト・あらすじ・主題歌は?

ネタバレ・あらすじ

第1話

宗教法人「神の光教」に出家信者として潜入している林智史(眞島秀和)からの情報により、テロが実行されようとしていることが判明します。

テロを阻止するため、鍛治大輝(長塚京三)が公安機動捜査隊特捜班を始動させることを青沼祐光(飯田基祐)に命じます。ターゲットとされている文部科学大臣を救うため、大臣の乗っている新幹線に特捜班も乗り込みます。

車内に潜んでいる犯人を捜し出し、田丸三郎(西島秀俊)が拘束しますが、共犯者がもう1人いることが判明します。稲見朗(小栗旬)が見つけ激しい格闘の末、犯人を制圧したと思いきや犯人のバッグの中に入っていた爆弾はすでに作動していました。稲見は車内の非常ベルを鳴らし、新幹線を緊急停車させます。

停車した新幹線の扉を開け、稲見は犯人と爆弾の入ったバッグと共に川に飛び込みます。爆弾は川の中で爆発し、テロは無事に阻止されたのでした。

さらに別の事件が発生します。首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白州迅)が高層ビルに囲まれた広場に現れます。外務大臣の息子である圭介はこれまで数々の犯罪を犯してきたのですが、親の権力によってもみ消されてきたのでした。犯人は息子が処刑されたくなければ、大臣がこれまでもみ消してきた罪を夜のニュース番組で公開謝罪することを要求してきます。

全ての様子をどこかで見ていると思われる犯人。怪しい動きができないため、圭介に田丸が水を持っていった時に、どこで拉致されたのかを聞き出します。心当たりのある犯人を教えてくれと問いただすと、友達から話を聞いてくれと言われます。

拉致された時間の防犯カメラを確認する特捜班。そこには白い仮面をつけカメラに向かって手を振る犯人の姿が映っていました。

圭介から聞いた友達の家に稲見と田丸が行くと、逃げ出そうとしている姿を発見します。稲見と田丸が強靭な体力とパワフルなジャンプで捕まえ、特捜班のメンバーが待つ現場へ連れて行きます。吉永三成(田中哲司)がこれまで圭介たちが犯してきた罪を聞き出し、数えきれないほどの被害者がいることが判明します。

そして犯人がなぜ広場を選んだのか疑問に思った稲見は、警察官の中に犯人がいることを突き止めます。犯人は圭介たちに暴行されて自殺した娘の父親でした。

稲見が犯人に「俺ならもうとっくに起爆ボタンを押している」と語りかけます。犯人の目が稲見に向いている後ろで、特捜班のメンバーが圭介に近づき、樫井勇輔(野間口徹)が爆弾を急いで処理していきます。間一髪のところで爆弾を解除し無事に事件は解決…と思いきや「私の立てた計画じゃない、奴らの指示で動いていただけ」という犯人の警察官。娘を失った父親の気持ちを利用し真犯人が指示していたのでした。

そして警視庁のホームページがハッキングされ、平成維新軍と名乗る者からニーチェの一節を引用した挑戦状が送りつけられてきます。

果たしてこれからどんな展開が待ち受けているのでしょうか。

稲見の2年前に起きた出来事にも何かあるようです…。

第2話

田丸のもとにフリージャーナリストの古垣伸一郎(大西武志)から「国家の危機に関することでどうしても今夜会ってほしい」と電話がかかってきます。電話を切り終わると田丸の携帯に古垣から「念のための保険」と一軒家が写った1枚の写真を添付したメールが送られてきます。

そして夜、待ち合わせの場所で合流する直前に誰かとぶつかった古垣。その直後に田丸の目の前で崩れ落ちるように倒れ、最後に「アリス」という言葉を残し死んでしまいます。

警察は急性心筋梗塞と処理しますが、シアン化合物による中毒死だと田丸は断言します。

合流する直前に古垣にぶつかってきた男が毒を注入し殺害した犯人だとみて特捜班は捜査を開始します。手掛かりは、田丸の携帯に送られてきた写真とアリスという言葉だけ。

稲見と田丸は古垣の自宅を調べに向かいます。正式な捜査ではないため「悪さをするのは俺一人でいい」と田丸が一人で自宅に侵入することに。ところが田丸が部屋に入ると、先に自宅に侵入していた何者かに襲われ、その場で気を失ってしまいます。

通信が途絶え異変に気付いた稲見は、部屋に向かうためエレベーターに乗ろうとしますが、一階に降りてくるエレベーターの表示を見て犯人が乗っているとにらみます。

そしてエレベーターのドアが開き、激しい攻防戦が始まります。あと一歩というところで、犯人がエレベーターから降りてきた住人を人質に取り、古垣の自宅から盗んだPCと共にその場から逃げられてしまいます。

情報を何も得ることができず捜査の方向性を決めかねていた特捜班でしたが、大山玲(新木優子)が古垣が送ってきた写真から、撮影した位置情報を割り出し、写真に写っていた一軒家の場所を突き止めることに成功します。

そして写真が撮影された場所に、犯人が狙っていたであろう古垣が隠していたUSBを田丸が見つけます。

特捜班は一軒家に向かいますが、人の気配はなく部屋の中はもぬけの殻。隣の住人に話を聞くと、2年前から母親と高校生くらいの娘が2人住んでおり、おととい引っ越したとの事。2週間前に娘の1人が夜中に救急車で運ばれたという情報を聞き、運ばれた病院から居場所を突き止めます。

病院に行くと呼吸器に繋がれている女性の姿が。そこへ、1人の女性が病室に入ってきますが稲見たちを見た瞬間、走って逃げ出そうとします。

稲見たちが追いかけ話を聞くと、自分の名はドロレスでジャーナリストの古垣に誰にも言ってはいけない秘密を話したため、稲見たちの事を殺しに来た人だと思ったとの事。そして病院に運ばれ呼吸器に繋がれている女性がアリスだったのです。

2人は2年前に知り合い、お互い本当の名前も知らず、お店では姉妹のように接していたとの事。一軒家では売春が行なわれていたのでした。そこには多くの政治家が出入りしており、それを隠ぺいするために政治家の部下が証拠をつかんだジャーナリストを殺害したのでした。

鍛治(長塚京三)に呼び出された田丸。田丸は犯人を捕まえたいと思っていますが、鍛治は摘発してもまた新たに作られるだけだ、それならば今のまま監視を続けた方がいいと話します。アリスに暴力を振るった男に会い、売春を見逃す代わりに治療費を一生払い続けることを約束させたという鍛治。

正義を貫きたい田丸ですが、治療費を払い続ける人がいなくなればアリスは見捨てられてしまう…。どちらを取るか選択を迫られます。

田丸は葛藤の末、証拠となるUSBを鍛治に渡します。

そして病院では、古垣を殺した犯人がアリスを殺すため病室に入ってきます。病室に来ると予測していた稲見は犯人が持ってきた注射器を奪い首元に突き付けます。「2度とこっち側に姿を見せるな」と忠告し、犯人は立ち去ります。
一方、田丸は教会で林千種(石田ゆり子)と会い、「今月分です」と封筒を渡します。「夫はいつ戻ってくるのでしょうか」と尋ねる千種に「あの頃とは部署が変わってしまったので、正確なことは言えません。ただそんなに長く待たせる事はないと思います」と答えます。

「もう行きますね、また来月」と千種がその場を立ち去ろうとすると、「まだ行かないでください、もう少しそばにいてください」と言う田丸。そして「はい」と千種が答えます。

翌朝、テレビでは内閣改造後初の閣議がはじまるというニュースが流れ、戦後2番目の若さで官房長官に就任するという政治家・神谷透(石黒賢)が注目を集めていました。神谷が乗った車が国会に到着しマスコミから取材を受ける中、同じ車から降りてきたのは古垣を殺した犯人でした。神谷もあの一軒家で売春をしており、その事実を隠ぺいするため証拠をつかんだジャーナリストを神谷の部下が殺害したのでした。

すべては政治のため。売春を行い、その証拠をつかんだジャーナリストを殺害したにも関わらず、何食わぬ顔で取材を受けるのでした。

スポンサーリンク

第3話

クローバーワーク社への贈賄疑惑が報道されている浜尾議員が自宅近くで襲撃され、贈賄疑惑の取材で議員の自宅前に集まっていたマスコミの目の前で何者かに射殺されます。犯人はマスコミに銃口を向け逃走。

特捜班が事件の捜査に乗り出します。犯人の動きには無駄がなく、銃の撃ち方も初めてとは思えない慣れた手つき。犯行に使われたバイクと自動車は現場近くで乗り捨てられ、盗難車を使用していました。襲撃から30分後、与党の公式サイトがハッキングされ犯人から犯行声明が届きます。そこには「公権力を利用して私利私欲をむさぼり、国家を危機に陥れてきた者たちを排除する」という内容のメッセージと共に平成維新軍の文字が。平成維新軍が、贈収賄事件に関わった人物を次々に殺そうとしていたのでした。

犯行に使用された拳銃は一般には簡単に入手できるものではないことから、平成維新軍のバックには暴力団、もしくは政府の一部機関でも使用されているためそのどちらかが関わっている可能性が浮上します。まずは拳銃の線から捜査を開始します。

稲見(小栗旬)と田丸(西島秀俊)は大畑組の組長が銃器マニアで、犯行に使われたものと同じ拳銃を買い集めていたという情報を得ます。その日の夜、組長を捕まえ、銃のありかを聞く稲見と田丸。組長によると、銃は3丁盗まれており、盗んだのは息子だということが判明します。息子は保管庫から銃を盗み、2週間前から姿を消していたのでした。組長は「バイクに乗っていたのはおそらく息子だ、うちのはまだ人を殺めていない、取り返しがつくうちに早く捕まってほしい」と稲見たちに訴えます。

組長から、息子が半年前まで少年院に入っていたこと、少年院から出てきてから「社会のシステムを変えてやる」と言い出し、人が変わっていたことから共犯者は少年院で知り合った連中かもしれないという有力な情報を得ます。さらに、組長が所持しているマンションのどこかに息子が潜んでいるかもしれないという情報も聞き出します。稲見は、この話を聞き、犯人は何者かにテロを起こすよう誘導されているのではないかと疑います。

特捜班の捜査により、組長が所有しているマンション近くのコンビニの防犯カメラに息子の大畑譲が写っている映像を見つけます。マンションに乗り込む特捜班。ちょうどその時、「コンビニに行ってくる」と譲が部屋を出ようとします。玄関を出た瞬間、目の前に稲見と田丸の姿が…「逃げろ!」と部屋にいる仲間に向かって叫ぶ譲。慌てて仲間はベランダから逃げ出します。裏に回る吉永(田中哲司)。先に裏にいた樫井(野間口徹)と大山(新木優子)が逃げ出そうとしている仲間2人を捕えようとしますが、銃を乱発され逃げられてしまいます。

一方、譲は田丸たちに銃を向けますが、一瞬の隙をついて稲見が1つ上の階へ上がり、譲の後ろ側へ、ベルトを使ってダイブします。驚いた譲が振り返った瞬間、田丸により取り押さえられます。

青沼(飯田基祐)が鍛治(長塚京三)に特捜班の動きを報告しに行きます。「あいつらの運が試されるのはここからだな」と言う鍛治。どういう意味か聞く青沼に、鍛治は「どの部署よりも早くテロリストのアジトを見つけ出した。でも2人を取り逃がした。もし2人が次のテロを成功させれば全ての責任はあいつらに押し付けられる。ここで次のテロをくい止めて逆転のゴールを決められる運を持っていればあいつらは本流に乗れる。ここから先の展開が楽しみだな」と答えます。

そのころ、吉永によって譲の取り調べが行なわれていましたが、なかなか口を割ろうとしません。そして大山により逃走した2人の身元が判明します。2人は藤崎正一(堀家一希)藤崎誠二(西山潤)の兄弟でした。5年前に起きた証券会社との不正取引事件で起訴されると思われていた与党政調会長・黒須議員の秘書をしていたのが、藤崎兄弟の父親でした。とかげのしっぽ切りのように父親は自殺。そのことで捜査はうやむやになり、事件は闇に葬られてしまっていました。兄弟はこの恨みをはらすため平成維新軍に協力し、取引で利益を手にしていた3人・浜尾議員、黒須議員、有賀議員を殺害しようとテロを起こしていたのでした。

次の標的がわかり、黒須議員の元へ特捜班が向かいます。その移動中、大山が昔所属していたハッカー集団「トゥルーストゥルーパーズ」が発展したものが平成維新軍かもしれないと特捜班に打ち明けます。メンバーとはネット上だけの付き合いで会ったことはなく、全員が明治維新の志士の名前を名乗っていたといいます。

黒須議員がいる現場へ到着。議員は孫と遊園地に来ていました。孫がトイレへ行き議員が1人になったところに藤崎兄弟が現れます。襲おうとしたその時、稲見が発見。兄弟と格闘し田丸らもかけつけます。議員と孫は吉永によって安全な場所へ。兄弟は遊園地から逃走し、稲見と田丸が追いかけます。駐車場へ追い詰められた兄弟は稲見たちに銃を向け、稲見たちも兄弟に向けて銃を構えます。

「頼む、俺に撃たせないでくれ、生きてさえいればいずれまたチャンスは来るぞ」と稲見が兄弟を説得し「銃を降ろせ」と伝えますが、兄弟は顔を見合わせて「兄ちゃん」「ごめんな誠二」と会話した後「この国の未来のために」と叫びお互いの頭を銃で撃ち抜き死んでしまいます。

場面は変わり、「B計画、完遂できず残念」とパソコンでやり取りする1人の青年。西郷・木戸・高杉・武智と名乗る人物とネット上で会話をしていました。青年は坂本と名乗り、高校生風の姿。果たして平成維新軍とはどんな人物たちなのでしょうか…。

いつものバーで酒を飲んでいる稲見。そこでクローバーワーク社への贈収賄疑惑をかけられていたもう1人の兵頭議員の秘書が自殺したというニュースがテレビで流れます。同じことが繰り返されていることにやりきれない思いの稲見だったのでした。

第4話

特捜班は大学で航空宇宙工科を専攻する有馬丈博教授(小市慢太郎)の身辺警護を命じられます。

上からは拳銃の携帯許可が下りていることから、かなりの危険が想定される事件の様子。警護の期間は1週間、その後、有馬教授は海外は出国する予定。特捜班は有馬教授の元を訪れます。教授は「予定なんかない、わかったら目障りだから出て行ってくれ」と特捜班に対して不愛想な態度をとります。

稲見(小栗旬)と田丸(西島秀俊)が教授の部屋の前で立ち番、吉永(田中哲司)、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)が周囲を検索することに。

立ち番をする中、稲見が田丸に「海外ってどこに行くんだろうな。俺ならハワイが良いな。あったかいところで過去の事は忘れて楽しく暮らすんだ」と話します。「記憶でも失わない限りどこに行っても同じだよ、人はそう簡単には変われない」と田丸。「過去の自分と決別したい場合はどうすればいい?」と聞く稲見に「大事なのはどこにいるかじゃなくて、そばに誰がいるかだ」と田丸が答えます。

教授を大学から自宅へ送り届ける特捜班。自宅には3年前に離婚した妻と子供と教授の3人で写っている写真がありました。吉永から田丸と大山が張り番、稲見、樫井は自宅待機と命じられます。

いつものバーに行く稲見。そこに一人の女性が座っていました。携帯を見てテーブルにおでこをつけて落ち込む女性。「あの子絶対いい子ですよ」とマスターに言われ、口説きに行きます。

教授と一緒に大学の研究室に向かう稲見と樫井。研究室の扉を開けようとした瞬間、樫井が火薬の匂いに気づき「開けないでください、中に爆弾が仕掛けられています」と伝えますが、「ばかばかしい」と扉を開ける教授。そして扉が開いた瞬間、爆発。間一髪で助かりますが、2次攻撃の可能性があるため大学から3人は非難します。近くに忍び寄る犯人。非難する3人を見つけ、「そっちに向かったぞ」と仲間に伝えます。車の陰に隠れ、稲見たちが来るのを待ち構えていた犯人の後頭部に「動くな、手をあげろ」と銃を突きつける稲見。犯人との激しい格闘が始まります。樫井が教授をのせた車で稲見のところへ駆けつけ、急いで飛び乗る稲見。なんとか犯人から逃げ切ることに成功しました。

鍛治(長塚京三)に「今回の事件の背景を教えてください」と聞く吉永。鍛治は何も答えようとしません。「それが無理なら今すぐ有馬教授を出国させてください」と頼みますが、「出国は諸事情があってまだできない。」と青沼(飯田基祐)が答えます。「もう少しだけ踏ん張ってくれ」と鍛治に言われ「はい」と吉永。

「家族が心配だから家族にも警護をつけてくれ、もし警護をつけてくれないようならマスコミにすべて暴露すると上に伝えてくれ」と吉永に頼む有馬教授。しかし、離婚してから3年経つので家族には危険は及ばないという判断から警護はつけられないと上は判断します。すると「家族に会いたい、遠目で見るだけでも構わない、これを聞いてもらえないなら本当にすべてを暴露する」と吉永に訴えます。

そして、車の中から通りすぎる家族の姿を見た有馬教授。その夜、田丸と大山が教授の監視についていました。お腹が空いておにぎりが食べたいという教授の頼みで田丸がコンビニに買いに行くことに。大山が残り、作業をしていると「トイレが詰まった」という教授。「すぐ行きます」と教授の元へ向かうと後ろから思いきり殴られ倒れ込んでしまう大山。そのすきに教授はかくまっていた特捜班の部屋を飛び出し逃げ出してしまいます。

翌朝、特捜班は任務を解かれます。教授は国家に対する反逆行為を行っていたことが判明し、出国の予定はなくなったため、昨夜の段階で特捜班は任務を解かれることになっていたのでした。

任務を解かれた特捜班でしたが、見捨てることはできないと教授を探しに向かいます。元奥さんの元へ話を聞きに行きますが特に連絡は取っておらず、帰ろうとした矢先、奥さんに1本の電話がかかってきます。「あの人のことが心配だったら自宅に行ってみろ」と言う謎の人物からのメッセージを稲見たちに伝え、稲見と樫井が自宅に向かいます。

自宅に到着し中に入ると、体に爆弾を巻きつけられた有馬教授の姿がありました。「助けてくれ」と言う有馬教授。足元にはスイッチがあり、足を離すと爆発する発信機付きの爆弾な上、水銀スイッチもついており制限時間内には解除が難しい強力な爆弾が仕掛けられていました。爆弾が解除できなかったときのことを考え、半径50m以内の住人に避難勧告を出し、やるしかないと樫井が爆弾の解除を始めます。

すると教授が過ちを起こした経緯を話し始めます。4年前に学会で泊まったホテルである女性と知り合い、ハニートラップにひっかっかてしまいジェットエンジンの設計図を要求されたのでした。悩んだ末、知り合いの政府の人間に相談したところ、これを逆手にとってスパイ活動ができると公安が企み、ニセの設計図を渡すよう教授に命じたのでした。それからは本来の研究をやめ、教授はニセの設計図を作ることに必死になっていたのでした。そしてある日、このことが公にばれたら自分はどうなるのだろうと怖くなった教授は「できればもう手を引きたい」と公安に相談します。すると公安は「今手を引いたらスパイとして摘発する」と教授を脅し、逃げ道を失った教授はあっという間に転落。金が必要になり、ニセの設計図の事は隠し、公安の情報だけを売っていたのでした。

そして先方からの連絡は途絶え、企みがばれたと悟った教授はすべてを暴露すると公安を脅し、国外へ逃亡する計画を立てたのでした。そこへやってきたのが特捜班の身辺警護だったのです。

「もういいよ」と爆弾の解除をあきらめる教授。しかし樫井は「僕に解除できない爆弾はないんで」と解除を続けます。そこへ青沼が訪れ「2人ともいったん部屋の外に出ろ」稲見たちに告げます。「うるさい!」と樫井は怒りをあらわにしますが「お前たちの仕事は爆弾を仕掛けた奴らを捕まえることだ、これは局長からの伝言だ」と言われ、その場をあとにします。

「その写真を取ってくれ」と教授に言われ、稲見が家族写真を手渡します。家族写真を握りしめる教授。「君たち、国家を信用するな」と最後に稲見たちに伝えます。

自宅から出てくる稲見と樫井。振り返ろうとする樫井を稲見が止め、特捜班のメンバーが待っている方へ歩いていきます。そして自宅は爆発。犯人たちは教授の自宅が見える屋上で祝杯のビールを浴びていたのでした。

いつものバーでカウンター席に座り落ち込む稲見。テーブルにおでこをつけて落ち込む稲見の姿を見て、ナンパした女性が稲見の横に座り寄り添うのでした。

第5話は…

随時、更新していきます。

〈この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます〉

リバース(ドラマ)キャスト・主題歌・あらすじ!藤原竜也&戸田恵梨香が共演!

ボク、運命の人です(ドラマ)亀梨&山Pコンビが復活!キャストやあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする