【スマステ】絶対泣けるドラえもん映画ベスト5!

3月4日放送のスマステーションで、1000人が選んだ絶対泣けるドラえもん映画ベスト5が特集されました。

子供から大人まで家族で見れるドラえもん。

感動の名作ベスト5とは?

名作を振り返ります!

スポンサーリンク

泣けるドラえもん映画ベスト5

1000人にアンケート調査を実施し、全58作品から絶対に泣ける作品を厳選。

その中から5作品がセレクトされました。

おばあちゃんの思い出(2000年)


ある日のび太は大切にしてきたクマのぬいぐるみが捨てられているのを見つけます。そのぬいぐるみには、のび太が幼稚園の頃に亡くなったおばあちゃんとの思い出が詰まっていました。おばあちゃんは何になりたかったのか、心のどこかで気になっていたのび太は、タイムマシンを使ってドラえもんと一緒におばあちゃんと暮らしていた時代へ向かいます。

そして未来でおばあちゃんと再会し、おばあちゃんの夢であったのび太のランドセルを背負った姿を見せてあげるのでした。

STAND BY ME ドラえもん(2014年)


のび太は、しずかちゃんと出木杉君が仲良く劇の練習をしているところ目撃して、出木杉君がしずかちゃんと結婚してしまうかもしれないと心配し始めます。

そこでドラえもんと一緒に未来に行って結婚式の様子を見に行くことに。すると結婚式を1日早く勘違いして式場に訪れていた自分を見つけます。結婚前夜、しずかちゃんはどうしているのか様子を見に行くと、なんだか元気がない様子に気づきます。そこでドラえもんの道具を使い、しずかちゃんの正直な気持ちを聞くことに。

正直な思いを打ち明けたしずかちゃんに、お父さんがやさしく言葉をかけていきます。

帰ってきたドラえもん(1998年)


ジャイアンとの喧嘩に負けてドラえもんにひみつ道具をねだるのび太。「ひとりで出来ない喧嘩ならするな」とめずらしくのび太に冷たい態度をとるドラえもん。実は明日ドラえもんは未来に帰るというのです。現実を受け入れられないのび太と、本当はのび太のことが心配で帰りたくないんだというドラえもん。のび太はこれ以上ドラえもんに心配はかけられないと、これからは宿題もジャイアンたちとの喧嘩も全部1人でやれるから安心して未来に返ってとドラえもんに伝えます。

そしてジャイアンに喧嘩を吹っ掛けられますが、ドラえもんの助けは呼ばず、1人で立ち向かっていきます。ついにのび太は1人でジャイアンに勝ち、ドラえもんは未来へ帰っていったのですが…。最後にサプライズが待っていたのでした。

スポンサーリンク

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生(2016年)


家でママたちに怒られたのび太たちはみんなで家出をすることに。タイムマシーンで7万年前に向かいます。そこでのび太は、ドラえもんのひみつ道具を使って空想上の動物を3匹作り大切に育てていきます。

そんな中、未来から来たギガゾンビという時間犯罪者が歴史を作り替えようと企んでいることを知り、ドラえもんたちは闘いに向かいます。のび太が育てた3匹の動物たちの活躍もあり、ギガゾンビは歴史の改変を取り締まるタイムパトロールに逮捕されます。

無事に解決したと思いきや、架空の動物はどんな時代にも存在してはいけないという理由からのび太が育てた3匹の動物たちは空想サファリパークに引き取られることに。動物たちと親子のような関係を築いていたのび太はずっと一緒にいるんだと涙しますが、別れを決心しタイムパトロールに引き渡すのでした。

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊(2014年)


ひみつ道具によってアフリカの奥地に謎の石像を発見したのび太とドラえもん。のび太が拾った不思議な力を持つ犬のペコと一緒に、みんなで謎の石像を探す冒険にくり出します。ジャイアンの考えで最小限のひみつ道具以外は置いていくことに。そのせいで、ワニに船を襲われ、助けてくれた部族にもジャイアンが余計なことを言ってしまい村を追い出されてしまいます。全部俺が悪いんだろと孤立してしまったジャイアンに、ペコだけは側に寄り添い慰めます。

なんとか目的の石像にたどり着いたとき、ペコの正体が明らかに。ペコは犬の世界の王子で、クーデターにより王国を乗っ取られてしまい日本にやってきていたのです。王国を取り戻すため立ち上がりますが、敵の圧倒的な戦闘力を前にドラえもんたちを逃がして1人で戦おうとするペコ。すると孤立していたジャイアンが「俺も行く」と1人ペコのあとを追っていきます。

そしてみんなも合流し、壊れかけていた友情はジャイアンの勇気ある行動でより一層強まっていきます。

どれも涙なしには見れない感動作ばかりですね。

ドラえもんは永遠です^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする