ラーメン二郎と中本のコラボ!「フュージョン」麺とは?!

img-160316-180820

野菜が山盛りに盛られた二郎系ラーメンと蒙古タンメン中本の辛さが融合したラーメンが、埼玉に存在するようです。

気になる~!ということで、さっそくどんなラーメンなのか調べてみました!

スポンサーリンク

二郎と中本のコラボとは?

埼玉県久喜に2016年2月にオープンした「蒙麺 火の豚

そこで販売している「フュージョン」800円(税込み)
img-160316-180820

麺が見えないほどの野菜の山に分厚いチャーシュー、そこに麻婆豆腐がかけられています。
麻婆豆腐は辛めですが、野菜とスープの甘さで和らいで、箸が止まらないそうです。

追加料金を払えば麵の追加も可能とのこと。

店主がラーメン二郎と蒙古タンメン中本で修行した経験があり、両方の味が同時に楽しめる「フュージョンラーメン」を食べることができるようです。

スポンサーリンク

場所は?

埼玉県久喜市栗原にある「火の豚」
黄色と赤の看板が目立っています。

2d9f2928

火の豚から歩いてすぐのところに、有名なラーメン屋「麺堂稲葉クキスタイル」もあるようです。

平日でも開店の少し前にはもうお客さんが何人か並ぶ人気店のようです。

久喜市と幸手市の境目あたりにあるため、車でなければなかなか訪れにくいようですが、一度、食べてみたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする