冬の洗濯テクニック12選!早く乾かす方法・セーター&ダウンの上手な洗い方!

ヒルナンデス(11月27日放送)で、冬場の洗濯テクニックが紹介されました!

寒くてなかなか乾かない、部屋干しと外干しどっちがいいの?

そんな悩みを解消してくれる洗濯テクニックを、三共クリーニング3代目社長の田村嘉浩さんが教えてくれています!

スポンサーリンク

冬場の洗濯テクニック12選

外干しの洗濯物が乾いているか一発でわかる方法

冬は空気が冷たくて洗濯物が乾いているかよくわからない。そんなときの判別方法は、洗濯物を両手で挟んで温めると乾いているかわかるそうです。

厚手のものが乾いていれば、そのほかの洗濯物もOK

すぐに収納せず、1時間程室温で少し温めてから収納するのがおすすめ!

衣類に含まれている微量の水分が抜けてタンスの中で菌が繁殖しにくくなるそうです。

外干しと部屋干しのどちらがおすすめ?

乾燥した風が通るので、外干しがおすすめ

紫外線に当たることで除菌効果も期待できるそうです。

浴室乾燥機があれば、より早く乾くので菌の繁殖も抑えられてよりおすすめとのこと!

洗濯物を早く乾かす方法

部屋干しをするときは、襟元に空気が通るように厚めのハンガーで干すといいそうです!

空気が入りやすくなるように間隔をあけて干し、扇風機を弱で回すと通常の3倍の速さで乾くそうです。

シーツを早く乾かす方法

太めのハンガーを2、3個竿にかけます。その上からシーツを干せばテントのように隙間ができて風通りが良くなるので早く乾かせるそうです。

扇風機を回せばさらに早く乾かすことも可能です!

厚手の毛布を早く乾かす方法

竿に対して毛布を斜めにかけます。すると水分が毛布の隅に溜まるので、溜まってきたらその部分を絞ります。

上の部分が乾いてきたら、交差を逆にして反対の隅を下にして溜まってきた水分を絞ります。

そうすることで全体的に早く乾かすことができるそうです!

セーターの上手な洗い方

①少量の液体洗剤と水で洗濯液を作ります
②洗濯ブラシに洗濯液をつけ、襟などの汚れが気になる部分を叩き約10分置きます
③少量のおしゃれ着用洗剤と約30度のぬるま湯を混ぜ合わせます
④セーターを畳んだままぬるま湯で30~40回程押し洗いをします
⑤新しいぬるま湯で30回程度押してすすぎます
⑥2回すすいだら優しく絞りバスタオルではさんで水分をとります
⑦形を整えて平干しにします
⑧乾燥後、アイロンのスチームをかけて風合いを戻します

洗剤は粉末・液体・ジェルどれがいい?

冬の洗濯は洗剤選びも重要!

【粉末洗剤】
安くて汚れ落ちが一番いい
洗剤の邪魔をする水道水の成分を取り除いてくれるキレート剤が入っているそう。

ただし、すすぎが不十分だと衣類に残ってしまうので、水が冷たい冬は注意が必要

【液体洗剤】
一般的にキレート剤が入っていないため、粉末洗剤よりも洗浄力が弱め

液体なので、襟元などの皮脂汚れに直接濡れて、溶け残りが少ないので冬にはおすすめ

【ジェル洗剤】
キレート剤が入っているので、粉末洗剤と同じくらいの洗浄力を持っている
手も汚れず、1回の洗剤の量も計らなくていいのでラク

ただし、高価で洗濯物の量に合わせて使えない

トータルで、冬におすすめの洗剤は液体洗剤なんだそうです!

柔軟剤を使ってもタオルがゴワゴワしてしまう

柔軟剤には、静電気を抑えて風合いをよくする効果があるので入れるのがおすすめ

固くなってしまう理由は、タオルは洗って脱水で絞ることで毛が寝てしまうそうです。それによって毛が詰まることによってゴワゴワ感が出てしまうんだとか。

なので、干す前にタオルを振って寝ている毛を少しでも立たせてから干すと、やわらかくなって風合いが良くなるそうです。

さらに、柔軟剤を使った洗濯物は日陰に干すとよりやわらかくなるそうです!

洗濯にお風呂の残り湯を使っても大丈夫?

ぬるま湯を使って洗う事は、汚れを溶かしやすくしているので冷水よりも汚れ落ちが良くなるので、使っても問題ないそうです。

お湯が冷める前に使うのが◎

お湯で洗うと洗濯ものが縮むということもないそうです。ただし、必ずすすぎはきれいな水道水で2回程度やった方が変なニオイなどがしないそうです。

入浴剤の多くは、洗濯での使用を想定して作られているので、入浴剤入りでも問題ないそうですが、洗剤の邪魔をする成分が入っているものもあるそうなので注意が必要とのこと。

ダウンジャケットをふっくらさせる方法

靴下を丸めたものを2~3足分、ダウンジャケットと一緒に乾燥機に入れると、丸めた靴下がダウンジャケットを叩いてしぼんだ羽毛をほぐしてふっくらさせてくれるそうです。

縮んでしまったセーターを元に戻す方法

完全に元に戻すのは難しいそうですが、ある程度元に戻すことはできるそうです。

①セーターにアイロンの蒸気をかけます
②蒸気をかけた部分のセーターを引っ張って、冷めるまで待ちます

冷ます際にセーターを少しパタパタすることで、余分な水分や熱がとれるそうです。

実際に6cm長さが伸びていました!

毛玉を簡単に取る方法

食器用スポンジでOK!

スポンジのザラザラした固い面でこすると、絡まった毛玉をほぐして毛並みを整えてくれるそうです。

縮み切った毛玉だけを取ってくれるので、電動の毛玉取りよりも生地を薄くしないそうです。

知らなかった洗濯の知識が盛りだくさん!

ぜひ試してみてはいかがでしょうか^^

〈この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます〉

【ヒルナンデス】油汚れ掃除おすすめ便利グッズ!キッチン・電子レンジ

ロフトの売れ筋人気商品!マッサージグッズ【ヒルナンデス】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする