ヒルナンデス!家電俳優 細川茂樹さんがおすすめする最新技あり家電ベスト10!

img_0

12月14日のヒルナンデス!で「最新技あり家電ベスト10」が取り上げられました。

紹介してくれるのは、家電大好きとして知られている俳優の細川茂樹さんです。

どんな最新家電が登場するのでしょうか。

スポンサーリンク

最新技あり家電ベスト10

第10位

象印マホービン 電気ケトル 

00000001639877_a01
引用元:http://www.biccamera.com/

細川茂樹さんが5年間探していたという究極のケトル。蒸気が出ないので、結露を拭く必要がありません。1時間の保温機能もついています。

第9位

バーミキュラ ライスポット 

100000001003383107_10204
引用元:http://www.yodobashi.com/

最長15ヶ月待ちにもなった人気の炊飯器。フタと本体の接合部分は0.01mmしかないという職人技。究極の無水調理を実現しています。

象印マホービン 南部鉄器 極め羽釜 5.5炊き

100000001003183506_10204_001
引用元:http://www.yodobashi.com/

自動で蓋が閉まるので、手がふさがっていても安心。

冷めてもおいしい炊飯器です。

アイリスオーヤマ 銘柄計り炊き 3合

61fooqlgosl-_sy355_
引用元:https://www.amazon.co.jp

お米の銘柄に合わせて炊き分けてくれます。

水の量も教えてくれるので、計る必要がありません。

第8位

小泉 グラファイトヒーター 

51kqgkznrvl-_sl1280_
引用元:http://product.rakuten.co.jp/

0.2秒で立ち上がり、すぐに暖かくしてくれます。

第7位

日立 パワーブーストサイクロン

00000003361707_a01
引用元:http://www.biccamera.com/

2キロの砂が入ったペットボトルを持ち上げるほどの吸引力です。

シャープ パワーサイクロン

00000003479478_a01
引用元:http://www.biccamera.com/

ゴミを吸いながら絡めて圧縮してくれるので、捨てるときに舞いにくく、塊にしてくれます。

猫の舌の構造からヒントを得て作られたそうです。

第6位

アテックス ふるえとあつ子

21jdpezedol
引用元:https://www.amazon.co.jp/

1分間に約6,100回振動し、頭皮に心地いい刺激を与えてくれます。

累計2万個を売り上げる大ヒット商品。ヒーターも内蔵されていて、約42度の温度でじんわり温めてもくれます。

スポンサーリンク

第5位

ティファール アクセススチーム

51neereebbl-_sl1000_
引用元:https://www.amazon.co.jp

スチームが勢いよく噴射されるので、服をハンガーにかけたままシワを伸ばすことができます。スチーマーを服に押し当ててもOK。通常のアイロン掛けよりも格段に速く仕上がります。連続噴射時間は約18分可能。

第4位

クロア クレープメーカー

00000003381457_a01
引用元:http://www.biccamera.com/

鉄板部分をクレープ生地につけてひっくり返すだけで、クレープ生地ができます。

温度センサーがついているので、焦げる前に自動でストップしてくれます。

第3位

天野製作所 プロジェクタースタンプ

as20160629003621_comm
引用元:https://www.google.co.jp/

文字の部分が透かし彫りのようになっているので、中に入っているLEDが点灯すると文字を映し出してくれます。

これで印鑑が上下反対になる失敗も防げます。

第2位

パナソニック 骨盤おしりリフレ

81xh5wdk-0l-_sl1500_
引用元:https://www.amazon.co.jp

骨盤やお尻まわりをマッサージしてくれます。

12個のエアーバッグが360度締め付けてくれて骨盤のゆがみを治したり、筋肉のコリをほぐしてくれます。

第1位

シャープ ヘルシオ

00000003386049_a01
引用元:http://www.biccamera.com/

同時調理は当たり前。センサーが感知し加熱具合を調整してくれます。具材と調味料を入れボタンを押し、時間になったら混ぜるだけで完成です。番組では、チャーハン・焼きそば・エビチリソースの3品を同時に調理していました。

年末年始、家電を買い替えるにはぴったりな時期ですね!

買いたいときが買い替え時~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする