プレバト俳句!夏井いつき先生ってどんな人?辛口添削で視聴率が好調!

%e5%a4%8f%e4%ba%95%e3%81%84%e3%81%a4%e3%81%8d%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%88-%e5%86%99%e7%9c%9fa

TBSで毎週木曜19時から放送されているプレバト!!でお馴染みの夏井いつき先生。俳句のコーナーが大人気で、平均視聴率は10%を超える好調をキープしているそうです。

辛口の添削で芸能人をバッタバッタと斬っていますが、その添削が秀逸と注目を集めています。

そんな夏井先生とは一体どんな人なのでしょうか。

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

夏井いつき先生 プロフィール

natsui

【生年月日】1957年5月13日
【出身地】愛媛県南宇和郡内海村
【大学】京都女子大学文学部国文科卒業

大学卒業後、8年間国語教諭として中学校の先生をされています。

もともとは趣味として独学で俳句を嗜んでいたそうですが、1988年に教師の仕事を辞め、俳人に転身しています。

黒田杏子さんを師匠とし、本格的に俳句を手掛け始め1997年俳句集団「いつき組」を組織し、組長に就任。

2013年から「プレバト!!」の俳句コーナーに出演されています。

家族は?

25歳の時に結婚をし、お子さんが2人いるようです。

30歳の頃、夫の母親の介護をする必要があったことから、やむなく教師の仕事を辞めているようです。

さらに実の母親も脳梗塞を発症し、姑と実の母親の介護に疲れ、俳人としての生活だけでは生計を立てることが難しかったこともあり、やむを得ず離婚をされています。

離婚後は、「依頼された仕事はすべて引き受ける」というスタンスで、仕事に没頭し、「次の仕事につなげたい」という一心で話術を磨いたそうです。

現在は再婚され、夫は映像プロデューサーの仕事をしながら、夏井さんの仕事先にマネージャーとして同行するなど、夏井さんを支えられているようです。

とても苦労されているんですね。

スポンサーリンク

俳句ブームを巻き起こした夏井先生

毎回辛口の批評で添削をしていく夏井先生が面白いと話題になっているプレバトの俳句コーナー。

平均視聴率は、10%を超える好調をキープしているそうです。

関西地区では、同じ時間に放送されていたサッカーアジア最終予選の日本対UAE戦を上回る視聴率だったとか。

番組の俳句コーナーをまとめた「超辛口先生の赤ペン俳句教室」という本も発売され、発行部数5万部を突破するベストセラーとなっています。

b49eqmaccaarjvp

俳句関連書籍では、異例のベストセラーなんだそうです。

まさに俳句ブームの火付け役ですね。

夏井先生は取材で、初心者は何から始めるといいのか?という問にこう答えています。

●日常の中で5音7音で自分のつぶやきを書き留めていくっていうのが第一歩

●季語を体験すること

この2つが一番近道なんだそうです。

特待生に認定された芸能人

これまでに夏井先生から特待生に認定された芸能人は8人います。

●梅沢富美男
●FUJIWARA藤本敏文
●三遊亭円楽
●ミッツ・マングローブ
●Kis-My-Ft2横尾渉
●Kis-My-Ft2千賀健永
●NON STYLE石田明
●東国原英夫

夏井先生と梅沢富美男さんの掛け合いは見ていて面白いですよね。

20151203_1544119

また新たな特待生は出てくるのでしょうか。

今後の俳句コーナーも楽しみです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする