三四郎 小宮が歯を治した理由とは?【画像あり】

dscn0378

歯が欠けていることがトレードマークとなっていた三四郎の小宮浩信さん。活舌が悪くて何を言っているのかわからないところが、とても面白かったのですが、いつの間にか歯を治していたようです。

いつの間に治していたのか、また治した理由は何だったのか調べてみました。

スポンサーリンク

小宮浩信さんの歯が欠けた経緯

そもそも小宮さんはいつから歯が欠けていたのでしょうか。

調べてみると、2013年に後輩と飲みに行った帰りに酔っぱらって転び、前歯が2本折れてしまったようです。

その姿を見た後輩がドン引きしていたらしく、なんとか笑わせなければと思った小宮さんは、わざとオーバーリアクションで驚いた様子をみせたところ、今度はガードレールに足をぶつけて骨折したそうです。

なんという芸人魂(笑)

その後のテレビ収録も休むことなく車椅子で登場したというのですから驚きです。

それ以来、歯が欠けたままの状態でテレビに出演しているようです。

なぜ治さないの?

なぜ治さないのか疑問に思いますが、歯が欠けたことで新たなキャラクターが誕生し、注目を浴びたことでなかなか歯を治すには至らなかったようです。

あるテレビ番組で「これ(欠けた歯)で飯くってるんで」と言っていたこともあり、歯が欠けたことでテレビに出演する機会が増えて収入もアップとなれば、治すのが惜しくなるのは当然かもしれませんね。

スポンサーリンク

いつの間にか治していた!

歯が欠けていることで、アメトークなどでも活舌悪い芸人で出演していた小宮さんでしたが、なんといつの間にか歯を治していたのです。

歯が欠けていることでイメージが定着していたので、なんだか少し違和感がありますが綺麗に前歯が揃っています。

04-dvc00535

dscn0378

今年の夏ごろに治療を始めていたようです。

歯を治した理由は?

歯を治した理由は語られていませんが、以前「中居正広のミになり図書館」に出演していた際に「知りたくないとは思いますが…」のコーナーで、小宮さんが今のまま歯を放置していると、このままだと食べられなくなりますと言われていたのです。

歯が欠けていることで、思うように物が食べられないという小宮さん。

専門家の先生によると、顎関節症の疑いがあるようで顎にかなり負担がかかっている可能性があり、関節のクッションの役目をする部分が壊れかけていると思うと言われていたのです。

それを聞いた小宮さんは愕然としていたようですが、もしかしたら専門家の先生の意見を聞いたことでこのままでは良くないと思い直したのかもしれないですね。

まとめ

小宮さんといえば今まで歯が欠けているということで、活舌が悪いイメージだったのですが、歯が治ったことで、もうあのしゃべりが聞けないのかと思うと少し残念な気もします。でもやはり健康には変えられないですね。今後、新たな小宮さんで活躍されている姿を楽しみにしたいと思います!

〈この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます〉

はんにゃの消えた理由と現在の活動は?

お笑い芸人 ミキ!人気急上昇中の兄弟コンビとは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする