関取花ひがみソングの女王とはどんな人?歌詞に共感できると話題に!

ひがみ系ソングの女王と呼ばれているシンガーソングライターの関取花さん!

ひがみ系ソングってどういうこと?と思っていたら、どうやら歌詞がひがみ系の歌詞で、共感できると話題になっているようです。

一体どんな曲なのかPVや関取花さんはどんな人なのか調べてみました!

スポンサーリンク

関取花

【生年月日】1990年12月18日

【出身地】神奈川県横浜市

【身長】149cm

【大学】慶応義塾大学卒業

身長149cmと小柄な関取花さん!関取花(せきとりはな)は本名なんだそうです。

幼少期はお父さんの仕事の都合でドイツで過ごしていたそうで、小学3年生の時に日本に帰国。高校生の時に軽音楽部に入部し、そこから音楽活動がスタートしたようです。

大学在学中に10代のアーティストのみによるロックフェス「閃光ライオット2009」に出場し、審査員特別賞を受賞。翌年には初のミニアルバム「THE」をリリースし、ライブツアーを開催しています。

2012年~2014年に神戸女子大学のCMソングに抜擢され、一躍有名に!

2014年にミニアルバム「いざ行かん」をリリースし、このアルバムを記念して初のワンマンライブを開催しています。

2016年に初のシングル「君の住む街」をリリースし、最近では「行列のできる法律相談所」に出演し、ひがみソングの女王と話題になったようです^^

スポンサーリンク

どんな歌なの?

ひがみ系ソングの女王と言われている関取花さん。一体どんな歌なのでしょうか?

ひがみ系ソングの代表と言われている曲がこちらです!

『べつに』


インパクトのあるPVです…!

歌詞がひがんでいるということで、注目を集めているようです!

そのほかに、神戸女子大学のCMに抜擢された曲がこちらです。

『むすめ』


こちらはアルバム「君によく似た人がいる」に収録されている曲です。

『もしも僕に』


ひがみソングと言われているようですが、心に響くとてもいい歌ですね!

アコースティックギターによる弾き語りで魅了している関取花さん。

こんな面白い歌も歌っています^^


〈この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます〉

鈴木亜美の現在は?子供や旦那はどんな人?休業していた理由とは?

住岡梨奈の現在は?テラスハウスを出てから売れない理由とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする