清水富美加が千眼美子で本を発売!「全部、言っちゃうね。」内容は?!

宗教団体「幸福の科学」に出家しますと宣言し、テレビから突如姿を消した清水富美加さんが、千眼美子として本を出版するようです。

発売は2月17日(金)と騒動の真っ只中で、まだ事務所とも折り合いが付いていない中、本を出版するとはかなりの驚きですね。

ツイッターでも「自分の真実くらい、自分で語らせてください」とつぶやいていましたが、一体どんな内容なのでしょうか。

スポンサーリンク

全部、言っちゃうね。

自身のツイッターで2月17日に本を発売することを発表した清水富美加さん。

本人しか語れない、ほんとうの気持ちということで、どんな内容の告白がされるのでしょうか。

表紙には「死にたかった7年、死ななかった7年。」と書いてあります。本当に辛くて、真実を語りたいという気持ちが強いのかもしれませんが、まさかこのタイミングで発売するとは…。

今年に入ってから様子がおかしくなり、突如引退と騒がれていますが、本を執筆していたとなるといつから準備をしていたのか、それを考えると計画的だったのかと疑ってしまいますね。

アマゾンではすでに予約受付中になっています。

精神的に追い詰められて話を聞いてくれたのがたまたま子供のころから信仰していた宗教団体だったのかなと思っていましたが、本の発売となるとなんだか印象が変わってきてしまいますね。

もっと他に何か方法はなかったんだろうかと考えてしまいますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする