HGの嫁・住谷杏奈の年商は6億円!石鹸&カフェ&パンケーキをプロデュース!

レイザーラモンHGの妻として知られている住谷杏奈さん。

一時期は芸能界を引退していましたが、石鹸やカフェ、パンケーキ屋をプロデュースするなどして、現在は年商は6億円のセレブ生活を送っているそうです。

一体どうやってそこまで稼いだのか、プロデュースした商品やお店とはどんなものなのか調べてみました!

スポンサーリンク

住谷杏奈

急遽🚗💨 ・ #familyday #trip #shorttrip #tripstagram #ちょっとそこまで

住谷杏奈🇯🇵AnnaSumitaniさん(@annasumitani)がシェアした投稿 –

生年月日:1983年2月1日
出身地:北海道

高校時代に雑誌「Cawaii!」に読者モデルとして登場していた住谷杏奈さん。

「出動!ミニスカポリス」や「ぷっすま」などに出演されたりとタレントやグラビアアイドルとして活動されていました。

レイザーラモンHGさんと知り合ったきっかけは、友人を通じた食事会だったんだそうです。そこでHGさんが住谷さんに一目惚れをしたようで、交際がスタート。

2006年8月に結婚されています。出会いから結婚まで約1年程のスピード婚だったようですね。

結婚後は芸能界を引退し、専業主婦として生活をされていたようです。2008年8月に第一子となる男の子を出産し、2001年には女の子を出産されています。

現在はセレブな生活を送っているようですが、一人目のお子さんが産まれてこれからという時に、HGさんに事件が起きてしまいます。

年商6億を稼ぐきっかけ

2009年7月に行なわれたプロレスイベント「ハッスル」に出場したHGさん。試合中に、左足かかとを粉砕骨折という大怪我を負ってしまったのです。

治療のため、芸能活動を自粛することになり、ピーク時は最高月収1,200万円あった収入も月収7000円にまで落ち込んでしまったそうです。

高級マンションから低家賃の物件に引っ越すことになり、辛い状況に追い込まれてしまいます。

人生最大のピンチに追い込まれていたHGさんなのですが、この出来事がきっかけで杏奈さんが年商6億円も稼ぐ事になったんですね!

入院中のHGさんの体をアロマを染み込ませたタオルで拭いていた杏奈さん。

その時HGさんが

「お風呂に入っていないのにいい匂いがしていいよね。でもタオルで拭くだけだとカサカサになるんだよね。」

と言ったそうで、この言葉からアロマの香りを持ちつつ保湿ができる石鹸があったらと、杏奈さんは開発を始めたそうです。

その言葉を聞いただけでよし自分で作っちゃおう!という行動力がすごいですね!

何度も試行錯誤を繰り返して、ついに製品化に成功!杏奈さんは「Food Dream」というブランドを立ち上げ、初日に6,000個を売り上げたそうです。

パッケージのデザインは、絵が上手い夫のHGさんにデザインしてもらい、夫婦で危機を乗り越えたんだとか。

現在は、石鹸の販売は中止されているようですが、新しくデリケートゾーン専用の石鹸「アンボーテ」というブランドを開発したり、化粧品や美容グッズなど数多くプロデュースされているようです。

この「アンボーテ」という商品、オーガニック認証COSMOS基準をクリアした日本初のデリケートソープなんだそうです。

配合されている成分の95%以上がオーガニックで作られているそうで、保湿&黒ずみ対策にもなるといわれているようです。

スポンサーリンク

カフェやパンケーキのお店も

これだけでなく、なんとカフェやパンケーキのお店もプロデュースしている住谷杏奈さん。

やり手ですね~!

2014年8月に、自分でトッピングをカスタマイズできるピザ専門店「ANNTENA」をオープンしています。

さらに、「パンケーキを自由に食べたい」ということで東京・代官山に「VERY FANCY Loves ANNTEANA」をオープン、プロデュースされています。

このお店は、カフェだった「ANNTENA」をリニューアルしたお店で、日本全国から海外まで年間200軒以上のパンケーキを食べ歩きパンケージ王子と呼ばれている杉本悟さんがプロデュースする「VERY FANCY」と「ANNTENA」がコラボしたパンケーキ専門店のようです。

自家製のチーズを練り込んだ生地はふわふわの食感なんだそうですよ!

次々にお店をプロデュースしている住谷杏奈さん。

この行動力こそが、成功した秘訣なのかもしれませんね。

〈この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます〉

吉川ひなのはハーフじゃなかった!フィリピンの血を引くとの真相は?

アンガールズ田中の実家は超金持ち!貯金額も半端じゃないことに(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする