山田邦子のバスガイドネタがNEWバージョンで復活!ぶりっ子の生みの親って本当?

news_header_1024_kuni

1980年代に大ヒットした山田邦子さんのバスガイドのネタが2016年10月29日(土)放送の「ネプ&ローラの爆笑まとめ!2016」で復活します。

かつては、NHKの「好きなタレント調査」で1位を獲得するなど人気を集めていた山田邦子さんの経歴やデビューについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

山田邦子さん プロフィール

650f5_1223_fff56fb5_f9f6913d-m

【生年月日】1960年6月13日
【出身地】東京都板橋区

落語家を目指して早稲田大学の寄席演芸研究会へ入部し、『可愛家マッハ』の芸名で活動するも、落語家には向いてないと悟り、漫談家への転向を決意。

高校1年生の時、西城秀樹のものまねで『TVジョッキー』に出演したのを手始めに、数々の番組へ出演し、素人参加番組では、有名人だったようです。

『笑ってる場合ですよ!』の人気コーナー「ブスコンテスト」に応募し、オーディションで目をつけられ、素人勝ち抜きコーナー「お笑い君こそスターだ!」に出場。

ここで、バスガイドのネタを披露しチャンピオンに!

そしてプロとなり太田プロダクションに所属しています。

スポンサーリンク

バスガイドネタ

デビューのきっかけとなったバスガイドのネタは、中学生以来の持ちネタなんだそうです。

そして、1981年にバスガイドネタの『邦子のかわい子ぶりっ子(バスガイド篇)』でレコードデビューしています。

20151211_a8e357


強烈です!

そして1981年の流行語大賞に『ぶりっ子』が選ばれています。

これは山田邦子さんがバスガイドネタで使ったことがきっかけで広がり、流行語になったそうです。

もともとぶりっ子という言葉はあったようですが、世間に知れ渡るようになったのは、山田邦子さんのバスガイドネタの影響のようです。

バスガイドネタのNEWバージョン

10月29日(土)に放送される「ネプ&ローラの爆笑まとめ!2016」で披露するバスガイドネタは、やまだかつてないwinkとして発売した大ヒット曲「さよならだけどさよならじゃない」とミックスした豪華なネタになっているようです。


どんなネタなのか今から楽しみですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする